美容室の人材育成方法について 美容室 美容院 集客 横浜 全国美容経営支援協会


美容院・美容室の人材

TOP > 美容室の人材育成方法

先生!こんなに給料もらっていいんですか?

今までこのプログラムを実行されていたお店では、
いつも優秀なスタッフからこんな声が聞こえてきます。

そして、優秀なスタッフほど、お店を辞めないのです!
なぜだと思いますか?

このページでは、優秀なスタッフほどお店をやめなくなる
“仕組み作り”についてお話します!

どこでも出てくる人の悩み

「いつもスタッフから給料が安いと言われるんですよ。
 でも、それだけ自分の指名が少ないのがわかってないんですよね。」

「最近の若い子は、本当に根性がないっていうか、
 怒ったらすぐにいじけるんですよね。」

「私が若いときは、もっとやってやろうっていう気持ちが
 あったけど、最近の若い人は上昇志向がないんですかね。」

どこの美容室でも、スタッフがいるお店では人材のことで
少なからず苦労をされています。そのお気持ちは本当に痛いほどわかります。

実は、この人材の問題は「お店の中である取り組みをする」ことで、
簡単に解決することができます。実際に解決していった例をお伝えします。

辞める人の本当の理由とは

~人を育てよう~
これは私が10年前に美容業界で活動を始めたときのテーマですが、
数年前まで、日本全国どこのお店やコンサル会社に行っても
このテーマに「明確な答え」をもっている人を見つけたことがありませんでした。

私が以前、大手コンサルティング会社で活動をしていた頃、
良い人材を育てようと「仕事とは」「売上とは」という教育をし、
目標設定をして行動計画を立てていました。

そうすると、できる人とできない人が出てきます。

もし、できない人が出てきたときは、やり方を徹底的に教え、
できるように導いていきましたが、そのようなやり方をやっていると、
ほとんどの場合「やっているフリをする人」がたくさん出てくるのです。

この悪循環にはまっているお店では、スタイリストの方は
ある時期になると、お店を辞める人が出てきます。

特にお店に貢献している優秀な人ほど30歳前後になると、
これから将来のことを不安に思い、独立するか残るのか
すごく悩むのだそうです。

そのような方々になぜ、お店を辞めるのか聞いてみると、
「オーナーと方針が合わないんです」という答え方をされます。

しかし、じっくり聞くと、
将来に対する不安を持っていることが一番の理由でした。

であれば、もし、将来に対する不安が少しでもなくなったとしたら、
多くの人たちは辞めずに楽しく働いていると思いませんか?

優秀なスタッフが辞めなくなる方法なんてあるの?

私たちはお客様にインタビューをし続け、今まで約350店舗の方々に
、利益を出していく方法をお伝えして結果を出してきました。

結果を出しているお店を見ていると、
スタッフの離職率が極端に低いことがわかりました。

例えば次のようにおっしゃる方もいます。

『お客様と自然に会話ができて売上につながるので、
給料も高いし、何より仕事が楽しいんです。

お客様が喜ぶ方法を知っていたら、特に僕の場合、
はさみを置いて店舗を任せてもらうこともできます。
それで、店舗のオーナーとして集客したり、
人材を育成したり経営に専念できるし、
1年で元がとれるように新規出店する方法も
協会から教えてもらえるので、経営者として
安心できる選択肢が増えました。

お客さんをつかむ方法さえ知っていたら、
将来の不安は少なくなってきますよね」

                    <ピスケース山村マネージャー様>
例えばこのお店では、お客様から自然に
相談をされるように様々な工夫をしています。

お客様が来店して帰られるまで、その道のりがすべて、
「お客様目線」で仕掛けが作られています。

トーク、POP、次回予約・・・、そのすべてが、
お客様が満足して喜ぶような仕組みとして完成しているため、
スタッフも無理して売らなければならないというプレッシャーがなく、
自然に笑顔であふれる雰囲気があるのです。

お客様を集めなきゃ・・・
客単価を上げなきゃ・・・
提案力を高めなきゃ・・・
リーダーとしてしっかりしなきゃ・・・

これらのプレッシャーがなく、今ではスタッフが活き活きと
働ける環境があるのです。もし、あなたのお店でもお客様に
喜んでいただける仕組みを取り入れれば、スタッフは生き生きと
仕事をして、楽しい職場が出来上がっていくでしょう。

「人を育てよう」では育たず、自分から勝手に育つ!?

どうすれば、そんな仕組みができるの・・・

実は、「人を育てようとしない」ことから実現できたことです。

“客単価について”の項目で、

「お客様に提案しようとせず、ある一言を
 織り交ぜて接客すれば、心を開いてもらえる」

とお伝えしましたが、
同じように「スタッフを育てようとしない」ことから、
スタッフはオーナーに心を開き自ら育とうとするのです。

『やらされているのではなく、自らやりたいからする』
ようになっていくのです。


そして、
「お客様から相談をされる仕組み作り」を行っていったのです。


まず「提案しない接客」の意味と方法をしっかりと
腹に落とした場合、お客様からどんどん悩みを
相談されるようになり、その悩みに応えていると、
自然に売上が上がっていくようになりました。

そうすると、お客様がどんなことに悩んでいるのか、
具体的につかむことができるようになり、その解決方法を
POPやツールを使って上手に伝えることができるようになってきたのです。

お客様は今まで悩んでいたことを解決できる上、
「売り込まれる嫌な気持ちにならなくて済む」ため、自然に
会話が増えてスタッフとの信頼関係が高くなっていきました。
その結果、お客様は「お店のファン」となって、来店してくれるようになっていたのです。

それがどれほど経営を安定させることができるのか、それは右図を見ていただくとわかります。
美容室・美容院の人材力とは

技術を高めることに集中できる環境ができる

お客様がつい、相談したくなる仕組み。
お客様が本当に私のことをわかってもらえていると
感じていただける仕組み。

このような仕組み作りができたお店は、どんなスタイリストであっても、
アシスタントであってもお客様から相談されるようになります。
そうすると、お店の中では「お客様から求められている喜び」から、
技術を磨くことに集中できる環境が整ってきます。

また、お客様から悩みを相談してもらえる環境ができれば、
その悩みに応えるために使う“店販商品”も売れるようになってきます。

今までお手伝いをしてきた店舗でこのような状態が実現できたとき、
あなたはどのくらい店販商品が売れるようになっていると思いますか?

それが、平均で総客の45%以上の方が、何かしらの店販商品を
購入してくださる
ようになっているのです。あなたももし、お客様の本音を
すぐに、全員つかむことができるようになれば、焦らず、踏み外すことなく、
着実に繁盛店への階段を上ることができるようになるのです。

お客様の本音をつかめる人が手にする特権とは

お客様から何でも相談をされる、
お客様が本当に役に立つと思ってくださる仕組みができた、


そのようなお店は、実に平均45%以上の方が
何かしらの店販商品を購入してくださいます。

そして、スタッフには何のノルマもなく、何のプレッシャーもないので、
のびのびと仕事を楽しめる環境が出来上がっていきます。
あとはお客様の悩みに応える技術、商品を持つことができれば、
どんどん売上が上がっていき、利益が更に増してきます。
店販商品が売れていくようになると、お客様は定期的に商品を購入してくださるので、“定期収入”が入るようになります。

そうすると、今までどちらかというと“安定収入”と思われていた技術売上よりも安定した売上の柱をもう一つ、立てることができるようになるのです。(右図を参照)
美容室・美容院の安定をした経営とは

このようになると、店販商品から家賃や基本給などの固定費が払えるようになります。

人が辞めて、ごっそり売上が減ることがなくなる!

このような給与体系になると、優秀な人材が辞めなくなります。

優秀な人材が辞めずに残るようになれば、
「人が辞めて、ごっそり売上が減る」というリスクがなくなります。

優秀な人材を確保しながら着実に利益を増やしたい方はこちらをご覧下さい。 美容室活性化プロジェクト会員へのお申し込み